膿栓(臭い玉)の原因

2020/3/4修正して更新

 

「NHKためしてガッテン」で特集された臭い玉(膿栓)の原因・症状・予防・取り方を紹介します。

 

臭い玉(膿栓)は、咳やくゃみをした時に口から出てくる米粒大の玉の事。

 

つぶすと、ドブヘドロのような強烈な臭いがし、喉の奥から臭いが出るのが特徴です。

 

臭い玉の原因

臭い玉は死んだ細菌の塊

 

「NHKためしてガッテン」の説明では、細菌は、空気と食べ物から口の中に入り、扁桃につくと攻撃。撃退するために、免疫細胞が細菌に反撃、戦いの末、死骸となった細菌が臭い玉になるそうです。

 

この戦闘が長期間になると、「慢性扁桃炎」になり、臭い玉が出来る状況が持続。そのため、免疫細胞の司令塔「T細胞」は、長期にわたる戦闘で正常な判断を下す事ができなくなり、逆に免疫細胞が身体を攻撃してしまう状況になり、色々な病気の原因を起こすそうです。

 

口呼吸が慢性扁桃炎の原因

口呼吸をすると、口の中が乾燥し、空気中の細菌が、直接扁桃にくっ付きます。

 

アレルギー性鼻炎など鼻に病気を持ってる方は、鼻呼吸がしづらくなっているため、無意識に口呼吸が癖になっているので要注意です。

 

また、ネバネバした唾液が出る事も原因に挙げられます。


臭い玉(膿栓)の症状

 

歯を磨いても口臭がする

 

内臓も悪くないのに口臭がする

 

喉の奥から口臭がする

膿栓の予防と治療方法

予防方法は、口呼吸を意識的にしない事。鼻の病気がある方は、鼻の病気を治す事。

 

ネバネバした唾液が出ている場合は、普通の唾液が出るように唾液腺マッサージ

 

やり方は下の動画で確認下さい。

 

 

確実な治療は扁桃摘出(耳鼻科)

 

扁桃摘出手術を検討される方は、下記に体験談が載ってますので参考にして下さい。⇒体験談

 

手術しないで治したい方はルブレン(日本で唯一「臭い玉と喉口臭予防が可能な洗口液」)を試す方法があります。

 

 

ルブレンの使い方は!!

 

口の中にルブレンボトルをプッシュ、転がして吐くだけ

 

 

口臭の3大原因を今すぐチェックしてスッキリ!【ルブレン】

 

 

 

トローチタイプを試すなら

 

4日なめる口臭除去【ルブレン 喉・口臭トローチ】

取り方!臭い玉 うがい関連ページ

臭い玉 原因
膿栓 うがい
膿栓の取り方!有吉 臭い玉